中国旅行代理店-張家界旅行 張家界観光 武陵源世界自然遺産 中国国旅(張家界) English | About CITS | 日本の旅行社の皆様へ | お問い | 掲示板 | FAQ 
cits

(86)744-8258000(T) 8281219(F)
勤務時間: 平日 09:00-17:00 休日 10:00-16:00

  • ホーム
  •   観光スポット  
  • 観光ツアー
  • ホテル予約
  • 航空券
  • 専用車
  • ガイド依頼
  • 写真集
  • 少数民族と名物
  • 旅行ニュース
  • 現在のページ: ホーム > 中国湖南観光地案内 > 鳳凰古城
    鳳凰古城
    アクセス: 111 入場券: 148 元
    観光地特色
    中国で最も美しい小城-鳳凰古城


    観光地紹介

    鳳凰はあなたを一千年間待っていた」ーー「漓江より綺麗な古城」--「中国で最も美しい小町
     
     鳳凰古城は沱江のほとり、山に囲まれた地域にある。ここはかつてニュージーランドの著名作家アイリー氏が「中国で最も美しい小城」と称賛したことでも知られている。張家界風景区、吉首の徳夯のジャオ族村落、永順の猛洞河に隣接した地域である。
     
     伝説と名の由来 伝えるところによれば、天方国(古代インド)の神鳥フエ二ックスは、500歳になると香木を集めて自ら焼け死に、その後再び灰の中から復活するというフエ二ックスとは、中国の鳥の中の王「鳳凰」のことである。鳳凰古城は古名を「鎮竿」といい、湖南湘西州の西南に位置する都市である。城の西南の翼を広げた鳳凰の形に似た山にちなみ、「鳳凰」という名前がついた。この街はミヤオ族とトウチャ族を主とする少数民族の集住地で、春秋戦国時代(紀元前770~同221)には楚に属し、清代には湘西の軍事、政治の中心地であった。
     
     古城の風景 鳳凰古城は悠久の歴史を持ち、多くの名所旧跡がる。城内には石畳の小道や古代の城楼があり、明清時代の街の様子がしっかり保存されている。付近には、古城に寄り添うように沱江が流れ、城外には南華山国家森林公園、地下には芸術宮殿奇梁洞がある。西には唐代に建造された黄絲橋古城が、郊外には南方長城などの観光スポットはある。
     
     鳳凰出身の名人 ここは英雄、名賢を多く輩出している。一品の欽差大臣(清時代、臨時に権限を与えられた特命大臣)で貴州提督の田興恕、民族英雄鄭国鴻(アヘン戦争時の将軍)、中華民国初代内閣総理の熊稀齢、文学家の沈従文、中国画家の黄永玉などである。
     
     区内の観光スポット 鳳凰古城は4大観光区に分かれ、合わせて11のスポットがある。古城観光区にはそのうちの9つ、沈従文古居、東門城楼、楊家祠堂、熊稀齢古居、沱江船遊び、虹橋芸術楼、崇徳堂、万寿宮、古城博物館がる。城外観光区には南方長城と奇梁洞の2つがある。
     
     鳳凰の夜景  静かに流れる夜の沱江、ライトアップもされ昼とは違う幻想的な光景となる。その両岸では燈火が閃き、歌声が次々ときこえてくる。店舗、料理屋、バー、喫茶店、居酒屋などは全て10時以降まで営業している。
     
     北門の外には沱江船遊びに渡し口があり、現地の人が灯籠流しを楽しむ場所でもある。この地域の灯籠流しは旧暦7月15日の鬼節(中元節)だけに限らず、お願いたいことがある時や誰かを祝福する時にはいつでも流していよ。燈火は波間を漂い、神秘的な美しさを我々に感じさせてくれる。
     
     沱江の夜景は人を感傷的にさせ、その優雅な夜景の擒にしてしまう。高床式建築の赤提灯が窓の下をやさしく照らし、人々は沱江の流れる音を子守歌にして眠りにつくのである。

     鳳凰古城の城壁に沿って、ゆっくりと流れるの「沱江」はこの古城の母親のように見守っています。
     烏篷船に乗り漁家の号子(中国の漁家ならではの歌)を聞きながら、両岸にある百年もの歴史を持っている土家吊脚楼を観賞すると、他では見られない雰囲気が漂っている景色です。

     河の流れに沿って虹橋をくぐると、目の前には万寿宮、万名塔、奪翠楼という“江南水郷”の絵のような美しい風景が飛び込んできます。その風景を眺めると、なんとなく俗世間外の桃源境のような心境が湧いて来ます。

     鳳凰古城郊外の南方長城は明代の嘉靖32年(西暦1554年)に建設を始め、明の天后3年(西暦1622年)に完成しました。

     その長城は南の銅仁交界の亭子関から、北は吉首の喜鵲営まで延々と380㎞にも及んでいて、“シンキョウの万里の壁”と言われ、中国歴史上の大きな土木工事の一つに数えられています。

      市区から西へ24㎞の所に唐代創建の中国でほぼ完全に残る石頭城の一つ、昔「渭陽城」と呼ばれていた「黄絲橋古城」があります。


    ほかの情報
    148元の入場料は観光できる場所: 沈従文故居、崇徳堂、古城博物館、東門城楼、北門城楼、沱江泛舟、万名塔、万寿宮、虹橋。
      張家界国旅国際旅行社有限会社
    中国観光地検索
    観光地推薦
  • 岳陽楼
  • 君山島
  • 衡山
  • 南岳大廟
  • 天心閣
  • 張家界大峡谷
  • 夯吾苗寨
  • 田家宅(老院子)
  • 百丈峡
  • 天門山国家森林公園
  • 旅行工具箱
    スポット 天気 ホテル
    列車 掲示板 お問い
    Skypeで担当者と直接連絡します日本語でどうぞ.

    中国国旅(張家界)日本部

    Tel:0086-18562683168
    Fax:0086-744-8566066
    E-mail:anna.sy@foxmail.com 

    お気に入りに追加 Bookmark this Site:

    Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!    Googleブックマークに登録 Google    Livedoorブックマークに登録 livedoor
    CITS の連盟ウェブサイト



    会社案内  |  旅行条件書  |  予約の流れ  |  支払い案内  |  ご意見ご感想  |  相互リンク募集

    Copyright@2002-2018 All rights reserved at 張家界国旅国際旅行社有限会社 日本部 湖南ICP番号:05005879
    会社住所:中国湖南省張家界市迎賓路38番中国国旅ビル
    E-mail:anna.sy@foxmail.com
    Tel:0086-18562683168 Fax:0086-744-8566066